【ベーコンの燻製】市販のベーコンを自宅で燻製してみました。

自宅で簡単燻製レシピ

市販のベーコンはコンビニでも買えて、お値段もお手軽な食材ですが、なかなかメイン料理にはならないイメージです。

ただ、この市販のベーコンを燻製するだけで、メイン料理にもなってしまう、絶品おつまみに変身します。下準備で放置の時間が多少かかりますが、手間はかからず、10分程度の燻製で完成します。今回は、自宅のガスコンロで燻製未経験の方でもお手軽にできる市販ベーコンの燻製をご紹介します。

スポンサーリンク

市販のベーコンを燻製するための道具・材料

燻製をするには、燻製器とスモークチップが必要になります。

燻製器

燻製器は必須アイテムになりますが、燻製未経験の方はもちろんお持ちでないと思います。下の画像のように百均のアイテム等で自作もできるので、「燻製に少し興味があるけど燻製器を買うまでは」という方は自作で簡単な燻製器を作っても良いかもしれません。 作り方はこちらを参考にしてください。

私はベルモントH-027鉄製燻製鍋という燻製器を使用しています。鉄製鍋なのでもちが良く、値段も安いので自宅で燻製をスタートしてみたい方にはおすすめです。

今回の燻製もこちらの鍋での作り方をご紹介します。

最近のガスコンロは、Siセンサーという安全装置が付いています。Siセンサー付きのガスコンロで燻製をはじめると、すぐに火力が弱まりスモークチップから煙が出ず燻製ができません。ただ、こちらのアイテムがあれば自宅で燻製ができます。自宅のガスコンロにSiセンサーがついている場合は、こちらのアイテムを使用するか、カセットコンロ、電気コンロでの燻製になりますが、カセットコンロ、電気コンロの機種によっては、燻製に使用できず火災の危険性があるものがあるので注意して下さい。

スモークチップ

燻製には、木をチップ状にしたスモークチップを燻煙材として使用します。このチップに直接火をつけるのではなく、熱源で炙り煙を出します。スモークチップには色々な種類があり、お好みに応じて使用できます。最近では、100均でも数種類のチップが購入できるので便利です。

スモークチップなどの燻製に必要な材料に関しては、こちらで詳しく説明しているので参考にしてください。

市販ベーコンの燻製を作るのに必要な材料

  • 市販のベーコンブロック
  • ブラックペッパー
  • ブレンドチップ一握り(チップの種類はお好みで)
  • キッチンペーパー

【市販のベーコンの燻製】作り方

下準備

市販のベーコンを包装材から取り出します。今回は200円程度のベーコンを使用しました。

キッチンペーパーで表面の水分をよく拭き取ります。キッチンペーパーにほとんど水分が染み込まなくなる程度まで、丁寧にふき取ります。

ブラックペッパーを全体に振りかけます。そのまま冷蔵庫に入れ、2時間以上放置します。

冷蔵庫から取り出したあと、再度キッチンペーパーで水分をふき取ってください。事前に水分を念入りにふき取ることで、燻製後に酸っぱくなることを防止します。この工程をしっかりやらないと、酸っぱい残念な燻製料理になってしまうことがあるので、必ず実施してください。

燻製

ブレンドのチップを燻製鍋に入れたら、ベーコンから垂れる汁がチップに落ちないよう、上にアルミホイルを被せておきます。はじめは強火で加熱をスタートし、チップから煙がモクモクと出てきたら、火力を中火の弱めくらいに設定します。ベーコンを網の上に直に置き、蓋をしめたら燻製スタートです。そのまま10分程度燻製します。

10分程度燻製すると、このような色づきになり完成です。

【市販ベーコンの燻製】 完成

市販のベーコンは元々燻製ですが、自宅で燻製をすることで薫香が加わり深い味わいになります。燻製直後と一晩寝かせたものを頂きましたが、一晩寝かせた方が味が落ち着き、旨味が増しているように感じました。我慢できる方は、一晩寝かせてください。
下準備も手間がかからず、燻製も10分程度で、自宅でお手軽に作れるおつまみです。注意するのは水分で、キッチンペーパーで水分をふき取る工程を怠ると、酸っぱくなってしまいますので注意して下さい。今回は200円くらいのベーコンを使用しましたが、この少しの手間で絶品のおつまみに大変身します。メインの料理にもできる燻製おつまみですので、是非お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました