【とり骨付きもも肉の燻製】とり骨付きもも肉を自宅で燻製しました。

自宅で簡単燻製レシピ

12月23日にとり骨付きもも肉を買ってきました。翌日のクリスマスイブに向けて、このとり骨付きもも肉を自宅で燻製してみました。今回は鶏もも肉の燻製を作るのに必要な材料、道具から、自宅での燻製方法までご紹介します。スーパーなどで買うものと一味違ったとり骨付きもも肉になりますので、是非お試しください。

スポンサーリンク

【とり骨付きもも肉】の燻製を作るのに必要な材料

燻製器

燻製器は必須アイテムになりますが、燻製未経験の方はもちろんお持ちでないと思います。下の画像のように百均のアイテム等で自作もできるので、「燻製に少し興味があるけど燻製器を買うまでは」という方は自作で簡単な燻製器を作っても良いかもしれません。 作り方はこちらを参考にしてください。

私はベルモントH-027鉄製燻製鍋という燻製器を使用しています。鉄製鍋なのでもちが良く、値段も安く、ガスコンロ、電気コンロでも使用できるので自宅で燻製をスタートしてみたい方にはおすすめです。

今回の燻製もこちらの鍋での作り方をご紹介します。

ガスコンロで燻製する場合

最近のガスコンロは、Siセンサーという安全装置が付いています。Siセンサー付きのガスコンロで燻製をはじめると、すぐに火力が弱まりスモークチップから煙が出ず燻製ができません。ただ、こちらのアイテムがあれば自宅で燻製ができます。自宅のガスコンロにSiセンサーがついている場合は、 こちら のアイテムを使用して下さい。

電気コンロで燻製する場合

自宅のキッチンでガスコンロを使用しないで燻製をする場合、カセットコンロ、電気コンロでの燻製になります。ただ、カセットコンロ、電気コンロの機種によっては、燻製に使用できず火災の危険性があるものがあるので注意して下さい。

今回はこちらの電気コンロを使って燻製しています。

この電気コンロの説明書には、以下の画像のような注意点があります。直接料理という文言をどう捉えるかによりますが、電気コンロを使用する場合、燻製中はコンロから離れずに自己責任で行うようお願いします。

スモークチップ

燻製には、木をチップ状にしたスモークチップを燻煙材として使用します。このチップに直接火をつけるのではなく、熱源で炙り煙を出します。スモークチップには色々な種類があり、お好みに応じて使用できます。最近では、100均でも数種類のチップが購入できるので便利です。

スモークチップなどの燻製に必要な材料に関しては、こちらで詳しく説明しているので参考にしてください。

ファミリアチーズの燻製を作るのに必要な材料・道具

  • とり骨付きもも肉
  • ブレンドのスモークチップ(お好みで構いません)
  • キッチンペーパー
  • 味付け塩
  • ハーブ(お好みで)
  • アルミホイル
  • フォーク

【とり骨付きもも肉】の燻製 作り方

下準備

とり骨付きもも肉の両面をフォークで刺しておきます。

味付け塩を全体にふりかけます。今回はクレージーソルトを使用しました。

今回はイタリアンハーブミックスも全体にまぶしました。

味付け塩、ハーブをまぶしたら、キッチンペーパーを敷いて冷蔵庫で6時間程度乾燥させました。

燻製工程

スモークチップを手のひら一握り程度入れます。

肉汁が垂れてしまうので、スモークチップの上にアルミホイル被せておきます。

電気コンロの設定を強にして加熱をスタートします。煙がモクモクと出てきたら、とり骨付きもも肉を燻製器にセットし、蓋を閉めたら燻製スタートです。

温度は80℃を目安にして、電気コンロの出力を調整します。今回は30分程度燻製しました。

30分燻製するとこのような色づきになり完成です。

【とり骨付きもも肉】の燻製が完成

朝燻製して、夜まで寝かせてから頂きました。火力、熱の加わり方によっては、今回の燻製時間では中まで熱が通って無い可能性があります。その場合はオーブンで加熱してあげてください。今回は寝かせた後、オーブンで8分ほど加熱してから頂きました。

今年のクリスマスは、スーパーで味付けしてあるとり骨付きもも肉と、燻製したとり骨付きもも肉を頂きました。どちらも美味しく頂きましたが、燻製味の方がオツマミとしてはお好みな味でした。

とり骨付きもも肉は、普段はそれほど見かけませんが、クリスマスシーズンはスーパーでも良く見かけます。自宅で簡単に出来る燻製料理なので是非お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました