【手羽先の燻製】自宅のガスコンロで手羽先の燻製を作りました。

少し時間のかかる燻製レシピ

手羽先が安かったので買ってきました。

手羽先はコラーゲンを多く含み、骨付きのまま料理することで、鶏肉の栄養をまるごと頂けます。また、皮部分が多くかりっとした食感がたまりません。今回はこの手羽先を自宅で燻製しました。薫香が加わった鳥皮が、ジューシーな鶏肉にばっちり合います。

スポンサーリンク

【手羽先の燻製】に必要な道具・材料

燻製をするには、燻製器とスモークチップが必要になります。

燻製器

燻製器は必須アイテムになりますが、燻製未経験の方はもちろんお持ちでないと思います。下の画像のように百均のアイテム等で自作もできるので、「燻製に少し興味があるけど燻製器を買うまでは」という方は自作で簡単な燻製器を作っても良いかもしれません。 作り方はこちらを参考にしてください。

私はベルモントH-027鉄製燻製鍋という燻製器を使用しています。鉄製鍋なのでもちが良く、値段も安いので自宅で燻製をスタートしてみたい方にはおすすめです。

今回の燻製もこちらの鍋での作り方をご紹介します。

最近のガスコンロは、Siセンサーという安全装置が付いています。Siセンサー付きのガスコンロで燻製をはじめると、すぐに火力が弱まりスモークチップから煙が出ず燻製ができません。ただ、こちらのアイテムがあれば自宅で燻製ができます。自宅のガスコンロにSiセンサーがついている場合は、こちらのアイテムを使用するか、カセットコンロ、電気コンロでの燻製になりますが、カセットコンロ、電気コンロの機種によっては、燻製に使用できず火災の危険性があるものがあるので注意して下さい。

スモークチップ

燻製には、木をチップ状にしたスモークチップを燻煙材として使用します。このチップに直接火をつけるのではなく、熱源で炙り煙を出します。スモークチップには色々な種類があり、お好みに応じて使用できます。最近では、100均でも数種類のチップが購入できるので便利です。

スモークチップなどの燻製に必要な材料に関しては、こちらで詳しく説明しているので参考にしてください。

手羽先の燻製に必要な材料

  • 手羽先(今回は10本)
  • サクラのスモークチップ(一握り程度)
  • マジックソルト(大さじ 2程度)
  • クッキングペーパー
  • アルミホイル

【手羽先の燻製】作り方

下準備

マジックソルト大さじ2程度を手羽先に擦り込んでいきます。

ジッパー付きの保存袋などに手羽先とマジックソルトを入れて、手羽先全体にマジックソルトを良く混ぜ合わせて下さい。混ぜ合わせたらそのまま冷蔵庫に2時間以上放置します。

冷蔵庫で2時間以上放置したら、手羽先を水で軽く洗い流します。洗い流したら、キッチンペーパーで手羽先の水分をしっかりと拭きとって下さい。水分を拭き取ったら冷蔵庫で半日程度乾燥させます。

手羽先を冷蔵庫で乾燥させたら、燻製前に冷蔵庫から出し常温に戻しておきます。

燻製

サクラのスモークチップを一握り程度入れ、こびりつかないように網には、サラダ油を塗っておきます。

手羽先から肉汁が垂れるので、スモークチップの上にアルミホイルを敷きます。網の上に手羽先を並べたら、強火で加熱スタートです。煙がモクモクと出てきたら弱火にして、蓋を閉めたら燻製スタートです。

5分程度燻製したら手羽先表面の水分をキッチンペーパーで拭き取って下さい。燻製鍋は高温になっているので火傷には十分注意して下さい。

水分を拭いたら蓋を閉めて、更に10分程度燻製します。

合計15分程度燻製するとこのような色づきになり完成です。そのまま食べたいところですが、今回は燻製後の手羽先をトレイに入れて、冷蔵庫で1日寝かせ熟成させました。そのほうが、燻製独特の煙臭さが無くなり旨味が出ます。

1日寝かせて電子レンジで温めて頂きました。以前に手羽先の燻製を作った際は、そのまま頂きましたが、今回のように冷蔵庫で寝かせて熟成したほうが、燻製の煙っぽさが無くなり美味しいと思います。食べるまでに時間はかかりますが、実際にかかる料理の手間はそれほどかかりません。自宅で簡単にできる燻製なので、是非お試し下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました