【冷凍餃子の燻製】自宅でできる餃子の燻製レシピ

自宅で簡単燻製レシピ

そのまま焼いても美味しい冷凍餃子。最近の冷凍餃子は本当に美味しいと思います。その冷凍餃子がパリパリに香ばしさが加わった絶品おつまみになります。下準備に少し時間がかかりますが、難しい工程は一切ありません。自宅のガスコンロでどなたでも簡単にできるおつまみなので是非試してみてください。

スポンサーリンク

【冷凍餃子の燻製】に必要な道具と材料

燻製をするには、燻製器とスモークチップが必要になります。

燻製器

燻製器は必須アイテムになりますが、燻製未経験の方はもちろんお持ちでないと思います。下の画像のように百均のアイテム等で自作もできるので、「燻製に少し興味があるけど燻製器を買うまでは」という方は自作で簡単な燻製器を作っても良いかもしれません。 作り方はこちらを参考にしてください。

私はベルモントH-027鉄製燻製鍋という燻製器を使用しています。鉄製鍋なのでもちが良く、値段も安いので自宅で燻製をスタートしてみたい方にはおすすめです。

今回の燻製もこちらの鍋での作り方をご紹介します。

最近のガスコンロは、Siセンサーという安全装置が付いています。Siセンサー付きのガスコンロで燻製をはじめると、すぐに火力が弱まりスモークチップから煙が出ず燻製ができません。ただ、こちらのアイテムがあれば自宅で燻製ができます。自宅のガスコンロにSiセンサーがついている場合は、こちらのアイテムを使用するか、カセットコンロ、電気コンロでの燻製になりますが、カセットコンロ、電気コンロの機種によっては、燻製に使用できず火災の危険性があるものがあるので注意して下さい。

スモークチップ

燻製には、木をチップ状にしたスモークチップを燻煙材として使用します。このチップに直接火をつけるのではなく、熱源で炙り煙を出します。スモークチップには色々な種類があり、お好みに応じて使用できます。最近では、100均でも数種類のチップが購入できるので便利です。

スモークチップなどの燻製に必要な材料に関しては、こちらで詳しく説明しているので参考にしてください。

冷凍餃子の燻製に必要な材料

  • 冷凍餃子
  • サクラのチップ一握り
  • アルミホイル
  • クッキングシート

【冷凍餃子の燻製】自宅でできる餃子の燻製作り方

下準備


今回は、王将の冷凍餃子を使用しました。安くて美味しいので、我が家は冷凍庫に常備しています。

餃子を袋から取り出し、常温で1時間ほど放置して自然解凍します。この日は気温25℃くらいでしたが、1時間程度でほぼ解凍されました。

餃子の水分をキッチンペーパーでふき取ります。別のトレイにキッチンペーパを敷き、その上に餃子を移動し、冷蔵庫でさらに30分ほど放置します。

何も下準備をせずに直接燻製をしても良いのですが、餃子の水分をある程度取ってあげた方が、燻製後に酸っぱくなりにくく、表面がパリッとした仕上がりになります。

燻製

餃子から水分が出るので、チップの上にアルミホイルを被せます。チップはサクラを一握り使用しました。

強火で加熱しスモークチップからモクモクと煙が出てきたら、クッキングシートを敷き、その上に餃子をのせていきます。中火より少し弱いくらいの火加減で15分程度燻製を行います。

燻製器によって熱の伝わり方が違います。中火より少し弱めの火加減で15分の燻製では、燻製器によっては焦げてしまったり、逆に加熱が足りない可能性もあります。あまり蓋を開けすぎるのも良くありませんが、10分程度の燻製で餃子の状態を一度確認してみた方が良いかもしれません。

【冷凍餃子の燻製】自宅でできる餃子の燻製 完成

餃子のタレでもおいしいですが、塩コショウ+お酢で食べてもおいしいです。下準備を省いて冷凍のままでも燻製できます。ただ、下準備の工程で行った、餃子をしっかり乾燥させる手間をかけた方が、燻製特有の酸っぱさ、渋みも無くなり、表面がパリパリの燻製餃子に仕上がります。料理ができない方でも、香ばしさが加わったパリパリの絶品燻製餃子が、自宅で簡単に作れます。是非お試し下さい。

番外 【チーズ餃子】の燻製

王将の冷凍餃子には、チーズぎょうざがあります。
燻製とチーズは合うと思うのでこちらも燻製してみました。

前回は、水分を取りながら燻製器で作りましたが、今回は作り方を変えてみました。
まずは、冷凍餃子の作り方の通りフライパンで7分間中火で焼きます。そのあと弱火で10分程度、サクラのチップで燻製をしてみました。

こんな感じで完成しました。加熱時間が少し多いせいか、皮が若干固めに仕上がりました。美味しいですが、初めに水分をとって、燻製器で作った燻製餃子の方が、パリッとしていてパサパサ感が無く私は好みです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました